タバコがやめられない!やめた先にあったメリット

雑談

タバコをやめてから5年以上経つのですが、今でも吸いたくなる時があります。

やめる前はタバコが手元に無いと落ち着かず、残り5本になったくらいで、次のタバコを購入していました。
美味しいとかではなく吸うと落ち着くといった感じでしょうか。
そんな感じだったので、まさか自分がタバコをやめられるとは思いませんでした。

この記事では、タバコをやめたいけどやめられない人に向けてメリットを書いていきます。
ちなみに喫煙歴は約8年でした。
よろしければ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

色々試したけどタバコがやめられなかった

タバコを完全にやめるまでに、色んな方法を試しました。
私が試した禁煙方法を以下で記載しておきます。

  • 禁煙パイポ(一時的にスッキリした)
  • ニコチンなしの電子タバコ(一時的にスッキリした)
  • タバコの匂い嗅ぎ(火をつけずに鼻先で匂いだけクンカクンカした)
  • ニコチンガム(ゲップが出やすくなった)
  • ニコチンパッチ(途中で病院行かなくなった)
  • 根性(時間が経つと忘れた)

こんな感じで、どれも長くは続きませんでした。
禁煙方法を否定したいわけではなく、ただ自分に合うものがなかったのでしょう。
結局最終的にやめられた方法は、自分に言い聞かせることでした。

自分の体から発せられるタバコ臭にたえられなくて禁煙を決意したので、吸いたくなったら
「今吸ったらまた体が臭くなるよ。せっかく我慢したのに、また体からヤニ臭が出てくるよ。」
こんな感じで、吸いたくなるたびにこう思うようにしていました。

「こんなもんでやめられるかい!」
と思う人の方が多いと思うのですが、当時の私には、1日吸っていないにも関わらず、体から発生されるヤニ臭が本当に我慢できませんでした。

メリット①痰が絡む日が年に数回になった

体の臭いが…と言っていたわりには、一番感動したのが、痰が絡まなくなったことです。
タバコを吸ってるときは、何かするたびに「エッヘンううん!ううん!」とかしていたのですが、禁煙始めて1~2年くらい経ったある日、以前より痰がらみが劇的に減っているのを感じました。

痰がらみも結構辛かったんですよね。
なっかなかスッキリしないし、周りの人はうるさかったでしょうし。
タバコをやめると、痰が絡むことが減りました。

メリット②唾液で口の中が潤うようになった

これも感動でした。
タバコを吸っているときは、その時まだ20代だったのですが、口の中が乾燥していることが多く、舌がザラザラしていました。
口臭もすごく気になってて、口臭に効く歯磨き粉とかあったら、すぐに手を伸ばしていました。

今は気になっていたザラザラ舌や乾燥はなく、口臭はどうかわかりませんが、口の中の不調に悩まされることはなくなりました。

メリット③顔の色が明るくなった

5年経った今は、2歳年下の妹(喫煙者)よりも肌が明るくなりました。
「タバコを吸っていると5年は顔が老ける」と言われても、20代のあの頃はピンときていなかったのですが、タバコを吸い続けている妹と自分の肌を比べてみると、確かにシミやシワが多いのを感じます。

女性は肌を気にされる方が多いと思いますので、やめるなら早めにやめた方が自分に嬉しい効果が期待できるでしょう。

メリット④体からタバコの臭いが消えた

私が一番欲しかった効果がこれです。
体からタバコの臭い…消えました!嬉
手の指の間をクンカクンカしても、全然タバコの臭いがしません!
以前は人と話す時に、タバコの臭いが気になって近づくのが怖かったですが、もう平気です。
臭いについては次のメリットもありました。

メリット⑤車がタバコ臭くなくなった

車の中でタバコを吸うこともなくなったので、車がヤニ臭いこともなくなりました。
独身の頃ですが、仕事が終わって家に帰りつくまでに時間があると、空いてる駐車場に止まって、少し窓を開けて寝ころびながらタバコを吸っていました。

外で吸えば車の中に臭いがつかないだろうに、仕事終わりできつかったのでしょうか…
でも仕事終わりのタバコは格別でした。
ただ、吸い終わって落ち着いてみると、車の中はとてもヤニ臭かったです。

メリット⑥旦那もタバコをやめられた

私が禁煙成功したのを見て、旦那も禁煙を始めました。
理由を聞くと、私がやめたから自分もみたいなことを言っていたのですが、ぶっちゃけ禁煙ってキツイです。

何度も禁煙に失敗してきたので、誰にも禁煙を強制したくない!
とここまで語ってきてなんですが、今でもそう思ってます。
日々の楽しみとまではいかなくても精神安定のためにタバコを吸っている人もいるのではないでしょうか。

そんな感じで旦那にも言ったのですが、家の中で吸う人がいないと、タバコをやめやすいからと結局禁煙を始めてしまいました。
まぁどっちでも良いかと思っていたら、もう禁煙して2~3年は経つのではないでしょうか。

家の中もタバコの臭いがしなくなったので、お互いにストレスが減ったようです。

今も1本おばけは出てくる

禁煙したからといって、全く吸いたくないのかと言えば、そんなことはなくて、吸いたい気持ちはたまに出てきます。
雰囲気としては、

映画館で、2時間上映が始まる前にトイレに入るか迷ったとします。
この場合、トイレ=タバコと考えてください。
そこまでオシッコが溜まってなさそうだったので、映画館に入ることにしました。
2時間の上映が終わったときに、トイレの存在を思い出して
「あ、全然トイレの心配しなくて良かったわ」
ってくらい、タバコへの気持ちは薄まっています。

わかりにくかったら申し訳ありません。
5年経った今では、1本おばけは出てくるけど、全然吸わなくてOKという感じです。

禁煙失敗しても良いよ

ここまで書いてきてなんですが、私は禁煙しなくても良いのではないかと思います。
だって自分もめっちゃ禁煙失敗してきたもの。
人に強制できないよ。

なので「たばこをやめるとこんなメリットがあったよ」っていうのを書きたかっただけなので、今回はこれで終わりです。
最後まで読んでくださりありがとうございました。
それではまた!

タイトルとURLをコピーしました